当院の治療について

当院では動きを整える整体(活法)と鍼(整動鍼)・呼吸を整える呼吸・整体の3つの治療法によって症状の改善や体質の改善を目指します。

活法整体

動きの歪みを整え、筋肉が動かしやすい状態に作る事で症状を改善させる治療法です。
腰痛や肩こりなど慢性的な痛みの原因は動けないので痛い事が多いです。筋肉が動きやすい状態になると腰痛や肩こりの症状も楽になるだけでなく、内蔵機能の調子が戻り、生理痛や便秘などにも効果があります。活法の施術は患者参加型のものが多数あり、患者さんの治す力(自然治癒力)がもっとも引き出される状態に導いていきます。

整動鍼

活法と同じように動きを整える事に着目した鍼治療です。
整動鍼では痛みが出ている場所の筋肉の動きを妨げてる部分に鍼を刺し、動きの歪みを改善される事で症状を緩和させることを目的とします。
鍼の本数は1回の治療で1~5本程しか使いませんので身体を負担も少ないです。また腹部や背部の筋肉を整える事で内臓機能も向上します。
肩こり、腰痛はもちろん、スポーツ選手のパフォーマンス向上、妊産婦に対するケアにも効果があります。活法整体と整動鍼の一番の特長は即効性があることです。施術の前後で動きを確認するため、体がどう変わったかをその場で実感することができます。また症状の原因となっていた動きの歪みを整えるので、患部への負担も少なくなり、効果の持続性も高いです。

呼吸・整体

呼吸・整体とは考案者である森田敦史先生自らの難病克服体験と伝統的な身体原理が肉付けさせたもので身体各部の緊張や癖を改善しながら、自分の自然治癒力がもっとも働く呼吸(日常での息づかい)の感覚を養っていく整体法です。
呼吸・整体には体の緊張を緩和させ、深い呼吸や呼吸を落ち着かせる為の感覚を養う調整法調整法で落ち着かせた呼吸を日常生活の中で維持する為の感覚を養う統制法があります。調整法は施術としても行いますが、自分で呼吸をコントロール出来る身体になるためには、自分で調整法を実践してもらう必要があります。調整法の一つ一つの動きは3分程ででき、組み合わせて行っても15分程です。
30種類ほどある調整法の中からその人にあった調整法を2つ程お伝えしておりますので症状が強い場合は毎日、緩和してきたら週3日くらい取り入れて頂くと呼吸が変わり、体質改善にも繋がります。
呼吸を整えていくと慢性的な肩こりや腰痛、婦人科疾患、消化器系疾患、精神科疾患などの症状の改善がされていきます。
私も呼吸・整体によって様々な症状が改善しました。
詳しくはこちら