腱鞘炎(ばね指)・手のシビレでお悩みの方へ

%e8%85%b1%e9%9e%98%e7%82%8e当院には指の痛みや手のシビレなどの症状を訴えて来院する方も多いですが、鍼灸治療によって症状は改善しています。

このような症状でお悩みの方に

・手の曲げ伸ばしがやりづらい
・字を書くと手首がズキズキする
・スマホを長時間握っていると手首が痛い
・病院でばね指(弾発指)と診断されたが、シップしか処方してもらえなかった
・肘を曲げると手がしびれ、病院では頚椎椎間板ヘルニアと診断された
・病院では手術しか治らないと言われた。

手の動きは背中が関係している

腱鞘炎や手のシビレを抱えている人の多くは背中に強い緊張が見られます。
手を動かす時には手の筋肉だけではなく、背中(肩甲骨部分)も連動して動いています。背中が硬く緊張しているとこの連動が上手くいかず、手に無理な負担がかかってしまいますので、手の痛みやシビレなどの症状を引き起こします。
背中の緊張を取り連動性を回復されると手を楽に動かせるようになり、負担も少なくなるため炎症も治まります。
またその背中の部分に強い緊張を起こした原因は患部以外の手の緊張にありますのでそちらにもアプローチすると再発しづらくなります。

当院の治療

一般的な鍼治療では痛みの出ている手の部分に鍼を行いますが、当院では手に負担をかけている原因となる背中の部分に鍼を刺していきます。痛みやシビレの出る動きや場所を特定してから鍼を行いますので、鍼を刺したその場で手の痛みやシビレが変化していきます。また手の緊張を緩和させる整体や呼吸の歪みを整える呼吸法を行う事で症状が再発しづらい下地作りを行っていきます。
当院では実際に治療した症例を掲載しています。
腱鞘炎(ばね指)・手のシビレの治療例はこちら