ギックリ腰の症状を悪化させない為には

こんにちは。

みちびき治療院の堀内です。

当院にもギックリ腰の症状を訴えて来院される人がいらっしゃいます。

適切なケアを行っていけば症状は緩和するのですが、患者さん自身が症状を悪化させているケースがありますので
症状を悪化させない為にはどうすれば良いかお話します。

ギックリ腰は急性腰痛症の総称で筋肉が切れる、または筋肉が緊張する事によって、急に腰が痛くなり人によっては
立ち上がるのも困難な程の痛みが起こります。

筋肉が切れている場合は幹部を冷やして痛みが強い内は安静した方が良いですが、筋肉の緊張が原因の場合、安静していると更に症状が悪化しますので
動かして治していく必要があります。

筋肉が切れているか、緊張しているかを見分けるには幹部が熱を持っているかが基準になります。

痛い所を触って他の部分より熱を持っている場合冷やした方が良いです。

熱がない場合は身体を動かした方が良いですが、その動かし方が間違えてる人が多いです。

1つ目のポイントは『痛い方向に動かさない』事です。

熱がない場合のギックリ腰の場合、身体を後ろに反った時に痛い、腰を捻ると痛いなど全て動きが出来ない訳ではなく
特定の方向に動かすと痛い場合が多いです。

痛みが起こると身体は防御作用を働かせますので、筋肉は緊張して

まだこの方向に動かすと痛いのか確認する為に痛い方向に何回も動かす人がいますが
筋肉の緊張を助長しますので注意が必要になります。

痛みが出ないように痛い方向に動かさなければ腰痛は悪化しません。

2つ目のポイントは『むやみに身体を捻らない』事です。

身体を捻ると腰の緊張している部分も捻られますので痛みを誘発します。

例えば物を取る時などに手を伸ばして身体を捻ると痛みが出てきますので
身体を近づけて手を伸ばさず物を取れば身体は捻れないので痛みは出づらくなります。

ギックリ腰の改善には日常生活での身体の使い方を改善する必要がありますので
痛みが誘発される動きを止めるだけでもギックリ腰の症状は改善していきます。

当院のギックリ腰の治療としては、腰を緊張を誘発している手足の緊張している部分に鍼を刺し、腰の動きを改善させ
日常生活で痛みを誘発させない身体の動かし方をお伝えしていきます。

もしあなたが、ギックリ腰で中々痛みが取れない、思うように動けないとお悩みでしたら
電話での無料相談も行っていますので、是非ご連絡ください。