呼吸を深くする→身体の中心に呼吸を通す

こんにちは。

熊本県宇土市のみちびき治療院代表の堀内です。

呼吸が浅いと身体の調子を悪くする、呼吸が深いと調子が良くなるというのは誰しもがなんとなく感じている事だと思います。

では呼吸が浅い状態、深い状態とは一体どのような状態でしょうか。

具体的に説明すると呼吸が浅い状態とは、呼吸が身体の中心を通っておらず、どこかに逃げている状態で、呼吸が深い状態とは、呼吸が身体の中心を通っている状態です。

例えば深呼吸で息を吸った時にお腹と背中が同じように膨らみ、身体が動かなければ呼吸が深い状態ですが
息を吸った時に顎が上がったり、身体がのけぞってしまうなど身体が動いてしまうのは呼吸が逃げている、呼吸が浅い状態です。

深呼吸は普段の呼吸の拡大版ですから、深呼吸をした時に呼吸が中心を通ってないという事は普段の呼吸でも中心で呼吸が出来ていないという事になります。

身体の中心を呼吸が通っていれば全身に血液が巡りますので、身体状態も良くなり、肩こりや腰痛などの不調になりづらいですが、呼吸が逃げている場合は全身の血液の巡りが悪くなり、滞りが生まれます。

この滞りが肩こりや腰痛などの不調の原因となります。

呼吸の歪みを整えると全身の循環が改善しますので、症状も緩和していきます。

肩こりを治そう、腰痛を治そうとするより呼吸を中心で出来るようになると自ずと症状も改善していきます。

当院では呼吸を深くする呼吸法をお伝えしております。

呼吸を中心で出来る身体つくりを当院で行っていきませんか。

電話での無料相談も行っていますので是非ご連絡ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です