力が抜ける→息が吐ける

こんにちは。

熊本県宇土市みちびき治療院の堀内です。

息抜きという言葉があるように息を抜く、吐く事は体調を整える上で重要です。

なぜ息を吐く事が重要かというと、身体の内部からかかる圧力を下げる為に必要だからです。

息を吸うと身体は膨らみ、吐くと身体は縮みます。

正常に息を吸えて、吐ける状態だと身体に必要以上に圧力はかかりませんが、
息が上手く吐けなくなると身体の内部に常に膨らむ力が働きます。

人間は精神的な緊張や手足の緊張が高まってくると息を吸う事への意識が強くなり、知らず知らずの内に息が吐けなくなります。

身体には内部から圧力がかかると外側にある筋肉は常に伸ばされている状態になりますので
力が抜きづらく、力みやすい状態になります。

この力が抜けづらい状態が続くと筋肉は緊張しやすく、神経も興奮状態になりますので
肩こりや腰痛などの様々な不調が生まれてしまいます。

この圧力が抜けないと力を抜きたくても抜けないので不調は起きやすく、治りづらい体質となります。

逆に息が吐きやすくなると身体の力が抜けやすく、力みにくくなりますので不調も起きづらい、起きても治りやすくなります。

これは治療する上でも重要なポイントとなりますが、トレーニングなどの分野においても吸う事が優位な状態で身体を鍛えてると
身体を傷めやすく、パフォーマンスも向上しません。

当院では息を吐きやすくする事で身体にかかる圧力を下げる治療を行っております。

なんだか力が抜けない、肩こりや腰痛を繰り返しているなどの不調でお悩みの方はご連絡ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です