身体の力を抜く為には

こんにちは。

熊本県の腰痛・肩こり専門の鍼灸院 みちびき治療院の堀内です。

以前のブログで過剰に力んだ状態で生活すると不調に繋がるとお伝えしましたが、息が上手く吐けないと力は抜けません。

例えば息を限界まで吸った状態で息を止め、手をグーパーしてみると肩に過剰な力が入ってしまい、その状態のままでは力を抜きづらいのが分かると思います。

息が吐きづらい状態になると常に筋肉は緊張してしまい、循環も悪くなりますので、肩こりや腰痛などの不調を抱えてしまう原因となります。

では息をだた吐く事を意識すれば調子は良くなるかというとそうではありません。

身体の力みと息を吐く事は相関関係にあり、身体全体の緊張が強いといくら頑張って息を吐こうとしても上手く吐く事が出来ません。

ヨガやランニングなどの運動を行っても症状が良くならず、返って悪化してしまう人はここに原因があると思います。

当院では治療中に患者さんに息を吸って吐いてもらうようにお願いする事がありますが、ほとんどの患者さんの場合
最初に息を吐く時には吐く時間が短く、吐く力も弱いです。

しかし治療の終盤になると息を長く、強く吐く事が出来るようになります。

これは治療によって筋肉の緊張や力みが緩和し、患者さんは意識していなくても息が自然と吐けるようになったからです。

息が吐けるようになると緊張は緩み、不調の改善にも繋がります。

肩がこったな、腰が痛いと感じている時は大抵の場合息が上手く吐けなくなっています。

呼吸・整体の自己調整法には息を自然に吐きやすくする要素が含まれています。

不調を改善させる為の一つとして息が吐けて力が抜けている状態を身体に体感させる事が重要だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です