昔鍼灸を受けたが、効果を感じられなかった方へ

こんにちは。

熊本県の鍼灸院 みちびき治療院の堀内です。

当院では鍼灸治療が始めての人もいれば、昔鍼灸を受けた事のある人も来院されています。

その中には「昔鍼灸を受けたが、効果が感じられなった」、「逆に悪化した」と言われる事もあります。

しかし色々話を聞いていくと受けたのは腰痛だと腰に鍼をして終わりという治療ばかりでした。

鍼は鎮痛効果が高いので痛い所に鍼を刺す事自体を否定する訳ではありませんが、それだけでは鍼のポテンシャルは充分に発揮出来ません。

当院には歩く事もままならないようなギックリ腰や足のシビレを伴う慢性化した脊柱管狭窄症、腕がまったく上がらない五十肩の症状の方などが来院していますが、一番痛い所に鍼を行っていません。

それでも症状は良い方向に変化しています。

痛い所に鍼を刺さない理由は痛みが出ているのは結果であり、原因は他にあるからです。

例えば腰痛の場合、手や足などからの緊張の波及により、腰の筋肉が緊張して痛みを伴っている場合がほとんどです。

原因である手や足の部分に鍼を刺すと痛みが出ている部分の筋肉は瞬時に緩み、症状も緩和します。

原因となる緊張の波及が止まらないといくら痛みの出ている部分をいじっても、また症状は元に戻ります。

ラーメンという一つの料理でもお店が違うと全然味が違うように、鍼灸も治療院によって行っている治療は多種多様です。

当院では症状の原因を特定し、少ない鍼の本数で最大限の効果が出せる治療を行っています。

昔鍼灸を行ったが症状が変わらなかった、色々な整体に行ったが中々良くならないなどでお悩みの方は是非ご連絡下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です