自分の身体を物に合わせる

こんにちは。

熊本県の鍼灸院 みちびき治療院の堀内です。

前回のブログの続きになりますが、健康情報の中には「長時間座っていても腰が痛くならない椅子」「安眠できる枕」などの様々な商品の販売が行われています。

もちろん椅子や枕などにこだわるのは悪い事ではありませんが、これがないと絶対にダメといった状態は適応力という面で考えると好ましくありません。

物を自分の身体に合わせるのも良いですが、自分の身体を物に合わせられるようになる事も大事です。

椅子や枕などはあくまで補助的な物であり、主体である身体を変化させないと本質的な解決にならないと思います。

身体が変化すれば物にこだわらなくなる

私が治療院で普段パソコン作業や事務作業を行う時に使っている椅子はこちらになります。

背もたれもなく、座る部分はクッションがないに等しい丸イスを使ってます。

しかし長時間座った状態で作業しても肩も凝らず、腰も痛くありません。

もちろん昔からそうだった訳ではありません。

2、3年前までは長時間座って作業すると左のお尻が痛くなり、酷い時にはもも裏にシビレが出て座っていられませんでした。

その頃は椅子などもクッション性があって背もたれも腰に負担がかからないような椅子を購入して使用していました。

今はこの丸イスでもシビレや痛みが出る事はありません。

身体が物にフィット出来るようになれば物へのこだわりもなくなってきます。

重力に逆らうと無駄な力みが生まれる

2、3年前の私と違う所は座っている時に無駄に重力に逆らわなくなった事です。
長時間座っていて腰が痛くなる人は総じて必要以上に力み、重力に逆らった状態で座ってます。
これではどんなに機能的な椅子に座っていても腰や肩に負担がかかってきます。
枕に関しても手や肩の無駄な力みがなくなれば、重力に逆らわずどの枕にフィット出来るようになります。

物に依存しない身体になる

枕や椅子に限らず、物に依存しすぎると適応力が衰えていきます。
膝などのサポーターも痛めた直後は良いですが、何年もつけたまま生活すると
その周りの筋肉の活動量が減りますので、機能的な働きの出来ない筋肉となってしまいます。
最初の内は物にサポートしてもらいながらも自分の身体を変化させ、最終的にはなくても良い状態を目指すのが理想的だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です