慢性的な腰痛やギックリ腰を繰り返してしまう理由

こんにちは。

熊本県の鍼灸院みちびき治療院の堀内です。

当院に来院される慢性的に腰痛を抱えている、ギックリ腰を頻繁に繰り返してしまう人の共通点として腰の筋肉を固めて固定しようとする人が多いですが、固めてしまうと腰痛は良くならないばかりか、返って悪化させてしまうケースが多いです。

ここで皆さんに質問ですが、座っている姿勢から「腰を伸ばして下さい」と言われたらどのような体勢を取るでしょうか。

大半の人は骨盤を立て、背筋をまっすぐにするような姿勢を取ると思います。

しかし、この姿勢では腰の表面の筋肉は全く伸びておらず、逆に縮んで緊張していませんか。

本来腰の筋肉は上半身を前に倒すと伸びていき、後ろに腰を反ると縮みます。

このように身体で起きる現象と言葉で理解している認識がずれてしまっている場合があります。

筋肉が常に縮んでいるという事は、筋肉は緊張し、血流も悪くなりますので、症状の改善も遅らせますし、背骨をまっすぐにすると本来ある背骨の湾曲をつぶしてしまう事になりますから上下から衝撃がダイレクトに腰にかかりますので、症状を悪化させる原因となってしまいます。

何よりこの姿勢をとり続けると腰はつらいと思います。

つらいのはあなたの姿勢が悪いからでも、筋力がないからでもなく、筋肉を縮ませた無理な体勢ですので当たり前です。

しかし、当院に来るほとんどの人はこのような本来腰に負担がかかるばすの姿勢を自分から取っています。

これは背中が前に曲がる=腰に負担がかかるという認識が強すぎる事が原因です。

本当に腰に負担がかかるのは、腰の筋肉を常に緊張させる事です。

確かに上半身が前のめりになる程身体が曲がるのは腰に負担がかかりますが、背中を後ろに少し丸めた状態の方が腰の筋肉は縮まらず、緊張していません。

これは体感してもらうと100%の人が理解できる事です。

こういった少し考えると当たり前のような事が、現代の姿勢教育の弊害として背骨をまっすぐにする=腰を伸ばすと勘違いしているケースが本当に多いです。

筋肉で骨を常に固めると骨にも負担がかかる

腰の骨を筋肉で常に固めて骨を守ろうとする行為は、本来身体を治そうとしている自然治癒力を妨げる原因となります。

筋肉は本来フレキシブルな状態、適度に力が抜け、縮む事も伸びる事も、捻る事も出来る状態が理想的です。

筋肉で固まるという事は、常に筋肉を縮めて緊張させてしまっている状態なので、血流を悪くなり神経を圧迫しますので、益々症状は悪化しますし、骨も筋肉に引っ張られ、当然骨にも負担がかかります。

人間は一日の中で物を取る、座る、立つなどの動作を1000回近く繰り返しています。

その時々の用途に合わせて筋肉を縮ませる事も出来るし、伸ばす事も捻る事も出来る状態であれば問題ないですが、筋肉で骨を固めている状態では必ず日常生活の中での負担が大きくなります。

このように癖つけられた身体の状態を手足から解いていく事で腰の筋肉はゆとりのある状態になります。

心も、身体も、筋肉も適度なゆとりが大事です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です