全体を「観る」という事

最近、当院で鍼を受ける方の割合が増えてきました。

整体に関しても、鍼灸に関しても基本的に当院のスタンスは変わりません。

症状が出ているのは過剰に力んでいる、息が上がっている事が原因であると考え、全体を観察して、身体を調整していきます。

鍼と言えば痛い所に刺すと痛みが楽になるというイメージがあると思いますが、それだけでは鍼が持っているポテンシャルを活かしきれません。(その人自身が持っているポテンシャルを活かしきれないとも言えます)

例えば、私の学んでいる勉強会では、腰痛の大半の原因は梨状筋という骨盤にある筋肉が原因と教わります。

しかし、これは単に梨状筋を緩めれば良いという事ではありません。

この梨状筋が緊張しやすいような足の状態、手の状態、体幹の状態があるからこそ、梨状筋の緊張が起きて腰痛が起こります。

どんなに鍼で梨状筋を緩めても手足や体幹の状態が変わらない限り、症状が良くならない、またはすぐに元に戻ります。

腰痛が起こってしまった原因の部分に鍼を刺す事で、梨状筋の緊張も取れ、腰痛も楽になります。

鍼は鎮痛効果の高い施術ですが、全身を観て施術しない限りその場だけの効果をなってしまいます。

鍼を受けたが、あまり効果を実感出来なかった、腰に鍼を刺してもらったが、腰痛がすぐに戻ったという方は是非ご連絡ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です