「姿勢が悪いから痛い」という思考が症状を生み出す

良く患者さんから「私は姿勢が悪いから痛いんですよね」と聞かれる事がありますが、私はその思考こそが症状を生み出していると思っています。

姿勢が悪いから痛いのではなく、良い姿勢を無理に保とうと頑張っているから痛い場合が圧倒的に多いです。

普段の姿勢で一番大切な事は、身体が楽かどうかです。

自分の姿勢が悪いと思っている人は背中がまっすぐどころか、後ろに反って背中の筋肉を縮めている人がほとんどです。

常に筋肉を縮めていると滞りを生み出し、痛みなどの不調を生み出します。

自分が姿勢が悪いと思っている方に背中を丸くして座った時と背中を反って座った時のどちらか身体が楽ですかと聞くと
断然前者の座り方の方が楽と答えます。

背筋をまっすぐにして背中の筋肉を縮めるのがきついのであれば、しなくても良いのです。

結構こんな当たり前の事が人間の頭優位な生活によって忘れ去られています。

誰かから良いと言われたからやるのではなく、自分の身体に正直でいる事が不調を改善する近道だと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です