足は手先から変えていく

最近、足裏の痛みを訴える人の来院が増えてきました。

足裏の痛みが起こる理由は様々ですが、症状を訴える人に共通しているのは、グラウンディング出来ていない、地に足が着いてない状態である事です。

地に足が着いてないというのはもちろん物理的に足が地面に着いていないという事ではなく、過度につま先に重心が乗る(前のめりになる)事が慣習化された状態の事です。

目的と用途に応じてつま先にも重心は乗って良いですが、常につま先に重心が乗ると足裏やふくらはぎの筋肉に負担がかかり、症状が起こりやすくなります。

また、つま先に重心が乗っている方は、歩き方がドスン、ドスンとした衝撃の大きな歩き方をしている人が多いです。

そのような歩き方を常に行っていれば衝撃が大きくなり、痛みを訴えるのは当然の状態になります。

人間の本来の重心の位置は踵にある事が普通です。

踵に重心が乗ると身体にかかっている重力を真下に通す事が出来るようになり、動きの中の衝撃も少なくなります。

当院で足裏の症状を訴える人には、まず手を開く事から行います。

なぜ足なのに手から?と思うかもしれませんが、つま先に重心がかかりやすい人は手から崩れている人が多いからです。

積み木の上の部分が乱れると下が崩れるように人間の身体も手が乱れると足が崩れていきます(足が崩れて手が乱れる事もあります)。

手が開くと肩甲骨の位置が修正され、骨盤や股関節の位置も修正されますので、重心を踵の真下に落としやすくなります。

当院でも手に鍼を刺すと踵の痛みを感じなくなった、手を開く体操を行うと後ろにかかりやすくなり、歩き方が変わったなどの変化が起こっています。

今回は足裏の痛みについて書きましたが、グラウンディング出来ていないという問題は全ての症状の方に当てはまる物です。

地に足が着くようになると呼吸が通り、力みづらい身体になっていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です