人間の身体は歪んでて良い

患者さんから前通っていた整形外科や整体院で、身体や骨盤が歪んでいるのが痛みの原因であると言われたというお話しをよく聞きますが、果たして本当に身体が歪んでいると不調が起こるのでしょうか。

実は人間だれもが身体は大なり小なり歪んでおり、完璧に前後左右対称である人は存在しません。

とゆうか、人間の身体は歪みだらけです。

背骨は元々S字に湾曲してますし、股関節や膝関節は元々まっすぐには作られていません。

その歪んだ構造があるからこそ、人間は衝撃を吸収し、しなやかな動きが可能です。

これが全てまっすぐなら衝撃を吸収できず、直線的な動きしか出来なくなります。

私は歪みよりも大事な事は身体に「滞り」があるかないかだと思っています。

身体の自然な流れが阻害されると滞りが生まれ、その部分に痛みが発生します。

その滞りが生み出しているのは、身体の力みです。

常に肩肘張った状態で日常生活を送っていれば、筋肉が緊張して身体の血流は悪くなり、神経は過敏になりやすくなります。

身体に痛みなどの不具合が起こっている時点でこのような身体の状態になっていますので、この状態が解消されると症状は良い方向に向かいます。

歪みを整える事よりも、身体の流れを滞らせている原因を変えていく事が症状を緩和される為に必要な事だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です