手に鍼を刺して腰痛の症状が緩和する理由

当院で腰痛の施術を行う場合、痛い部分である腰に直接鍼を打ったりする事はほとんどありません。

患部とは離れている手や足、背中に鍼を刺す事が多いです。

痛い所以外に鍼を刺す事を「遠隔治療」と呼んだりしますが、私はその呼び方に違和感を覚えます。

理由は、症状とは全然関係ない所を施術しているように聞こえるからです。

その鍼を刺した手や足、背中に腰の痛みを発生させている原因だからこそ、そこに鍼を刺しているのであって決して「遠く」ないです。

腰を前にかがめる動きで腰に痛みを感じている場合、施術するべきポイントは腰のように思うかもしれませんが、腰をかがめるという動きは腰だけを動かしているわけではありません。

例えば腰を肩甲骨を後ろに寄せ、肩を後ろに引いたままの状態で腰を前にかがめてみてください。

背中の力を抜いて前にかがんた時よりも腰の辺りに重さを感じませんか。

腰をかがむ時は背中の筋肉も一緒に動いていますが、背中の筋肉が緊張して動かなくなっている場合、腰に過度な負担がかかってしまいます。

肩甲骨を後ろに寄せる癖を持ち、常に背中の緊張させている事によって、腰に痛みを感じている人の施術するポイントは背中の部分となります。

そして背中の部分、特に肩甲骨の部分は手の状態や位置が関係してきますので当然、手の部分も施術のポイントとなります。

慢性的な腰痛を抱えている人に肩甲骨を後ろに寄せた状態で腰を前にかがむのと、背中の力を抜いた状態で前にかがむの、どちらが楽なのか聞いてみると断然、前者の方が腰が楽だと答えます。

このように身体を動かしながら体感してもらうと、なぜ腰痛で手や背中が重要なのかが理解できます。

特に慢性的な腰痛やギックリ腰を繰り返す人は、背筋を伸ばそうと肩甲骨を後ろに寄せ、肩を引いてしまっている人が多いので、背中のロックがはずれ、背骨をしなやかに動かせるようになると症状が緩和する場合が多いです。

また、人間は手足を起点として日常生活を送ってますので、手や足に原因がある事はむしろ必然です。

そのように考えると痛みが起こっている部分と違う所に鍼をする事は全く不思議ではなくなってくるように思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です