症状が元に戻る理由

「治療してもらってからは調子良かったけど、何日後にはまた症状が元に戻りました」

このような台詞は施術者なら誰もが患者さんから言われた事があると思います。

多くの施術者はこの台詞を言われた時に自分の施術が上手く行かなかったから症状が元に戻った、または施術頻度、回数の問題だと考えると思います。

しかし、本当にそれだけが原因でしょうか。

もちろんそうゆう側面もあると思いますし、施術の技術を磨いていく事は必要ですが、施術後に症状に変化が出ているという事は少なくとも患者さんの身体は良い方向に向かっているという事です。

良い方向に向かっている身体をまた元の状態に戻しているのは、誰でもない患者さん自身です。

日常生活の中で必要以上に身体を力ませた状態で生活していると不調は元に戻りやすくなります。

つまり息を止め、身体を張り詰めさせた状態で毎日生活しているという事です。

どんなに施術者が素晴らしい施術を行っても息を止めて生活しているとまた元の状態に戻ります。

私は良い施術ほど症状が元に戻るのが遅くなる物だと思っています。

ではどのようにすれば不調が元に戻らなくなるかというと息が自然に吸って吐ける状態、身体が楽な状態で生活すると息も止まらなくなり、身体の力みも少なくなります。

私の院でも自然呼吸を様々なワークを通して患者さんに体感してもらっていますが、これを体感してもらえるとなぜ施術を受けても元に戻ってしまうのか身体で理解してもらえます。

この概念を身体で認識できた人は明らかに身体が変化します。

ある患者さんは2ヶ月間何をやっても症状が変わらなかった股関節の痛みが10分間程自然呼吸を発生させながら動いてもらうだけで変化し、その後も痛みは元のように戻っていません。

また特に整体などを行っていなくても歪みもバランスを整い、無駄な力みもなくなりました。

確かに施術者自身の技術を向上させる事も大事ですが、患者自身も自分の身体が楽な状態で生活が出来るようになれば、施術の効果も高まりますし、必要以上に手直ししなくても良い身体になります。

自分の身体を施術者に全て任せるのではなく、患者さん自身も変化していく事が症状を元に戻さない事に繋がると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です