息楽塾、開催しました

今週の日曜日に息楽塾を開催しました。

テーマは「横隔膜と楽な姿勢」です。

横隔膜を開放する動きを行った後、その感覚を消さないように立った時に身体はどうなのかを体感してもらいました。

参加者からは「今までより立っているのが楽」、「呼吸が深くなった」、「手足の力みが取れ、暖かくなった」などの感想を頂きました。

立っている状態や座っている状態は動きがない状態いわば0の状態です。

人間は動く生き物、形状変化を繰り返す生き物だと考えると0の状態が楽ではないと動いた時に身体が痛めるリスクは高くなります。

自分で楽な姿勢をみつける事が出来ると動いた時に息が止まる事が少なくなる為、自然と身体は楽になります。

このような事はいくら知識として得ても、体感を伴わなければ実践(日常)には活かせません。

体感してみて実践する
この繰り返しによって、日常生活が変化すると思っています。

今後とも体感する場を作っていきたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です